2007年02月22日

紅空



「もう昔ほどに 君を愛せない 一度冷めてしまったから」

耳に残る言葉  今も 私を苦しめる

その言葉だけ  体中を這いずり回る

貴方を忘れたくないという 思いまで

忘れてしまえば・・・



愛しさが イラダチ 

愛情が 憎しみに変わった

切なさは 猟銃に・・・

標準を貴方に 定める

いつになれば 心 手に入る?

教えて・・・


嘘なら 最後まで 突き通して

何も知らなければ 苦しむ必要もない

架空の空に 手を伸ばす

「もう昔ほどに 君を愛せない」

告げる言葉 繰り返す・・・



戸惑いが 絶望に

幸せは 音を立て砕けた

涙と銃声は 空を 紅(あか)く染めた・・・



一瞬の 静けさの後

目の前 一色の惨劇に

膝をついた・・・


いつになれば 貴方にこの手

届くの?

教えて・・・

いつになれば 幸せ手にできる?

教えて・・・


二度目の銃声で

その幕を おろした




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。