2007年01月24日

アサガオ



貴方と 過ごした2年

思い出が 多すぎて

そこら中 散らばった 思い出達が

私を 引き止める


あれから私は 絶望と 失ったモノの大きさを知った

失うモノなら 初めから無ければ 良かったのかもしれない


限りない 愛しさは 行き場もない

いつの日か 他の男(ヒト)を 愛するの?

滲みついた貴方の跡が消えない…


体は満たしても 心は

虚しさ つのらせる

ケンカも すぐ笑顔に変わった

そんな日が 続いて行くのだと思った…

そう 幸せに気付けば 消え始めていた


限りない 切なさは やり場もない

いつの日か 他の男(ヒト)を愛せるの?

残された貴方の傷が 痛い…


毎日泣いても涙は枯れないんだね


一人ぼっちの 私は 居場所もない

時が経てば 経験の一つだと

割り切れるの?

それは どんなに 哀しくても

いつの日か 痛みを感じなくなってゆくの…


いつかは 失うモノだったとしても

きっと・・・  

出会った事まで悔やんだりしない



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。