スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年04月22日

こんな日もあるさ

 家に帰って一人。

 都会で暮らす僕に母親が送ってくれたダンボール一杯の愛情こもった贈り物。

 その中に入ってたチョコレートを口に入れて、口の中で溶けだすのと同時に、涙が溢れてきた。

本当は不安や寂しいって感情があるのかな。

こーゆう気持ちになった事ってありませんか?

 電話では、元気でやってるとか、仕事が楽しいとか言ってるけど、

実際は思い通りに行かない事ばかり。

希望を胸に飛び出したはいいが、現実は甘くないって事をひしひし感じさせられる。

でもきっとこんな時もあるんだな。

 はじめは誰でも、新しい土地に馴染めなかったり、思い通りにやりたい事ができなかったり、

家族が恋しくなったりする。

帰りたいけど、まだ何も見せれるモノがない。

帰る時間はあるのに、お金がない。


時間が経てば、だんだん慣れていくんだ。

きっと辛い時期があって、それを乗り越えた者にだけ「楽しい」が与えられるんだ。  


Posted by 刹那 at 23:19Comments(1)

2007年04月14日

手相



先日、手相を見てもらいました。

別に見てもらう気はなかったんだけど、なりゆきでicon11

半信半疑できいていたのですが・・・

なるほど。なかなか当たってました。

自分も手相の本を読んだりして少し勉強してたんですが、そう簡単ではないですね。


僕が書く詩は喜怒哀楽でゆう、哀が多いかな。

でもそれは、消して暗いとかじゃなく、そーゆう目をそむけがちな感情をちゃんと見たいから。

幸せな時って、その幸せに慣れてしまって、尊いものだと忘れてたりする。

失くしてから、大切さに改めて気付きなおして、そこで「後悔」をする。

幸せが自分の手の中にあるうちに、大切さに気付いてあげないと、なんだかせっかくある幸せがかわいそうな気がする。

せっかく自分の手の中に来てくれたんだから、大切にしてあげないと。

だから、僕は自分の手の中に幸せが飛び込んできた時、ちゃんと掴んであげたいから、あえて「哀」の感情を詩にして残しておくんだ。

熱さも喉元過ぎれば忘れてしまうように、反省や後悔も忘れて、繰り返しがち。

大切なものを守りたいから、僕は悲しい事から目をそむけない。


  


Posted by 刹那 at 00:22Comments(2)

2007年04月12日

君へ



立ち止まった僕の背中を 優しく押してくれた

ずっと残っていた傷跡が 

君に触れる事で 消えていった


嬉しそうに 大切な人ができたと・・・

変わらぬ笑顔 変わらぬ歌声
 
前よりもっと 君はステキになった

前よりもっと 君を好きになった

僕の中で 今も君は一番星



僕も歩きだそう

見違えるほど 君は大人になった

幼さゆえの 誤解や過ちも

僕らの日々は 間違いじゃなかったんだと

今 そう思える



すれ違いや 不器用さにはばまれ

別々の道歩いた

それでも あの日々が

輝いていたから 歩いてこれた



変わった事が悪いんじゃない

変わらない事が悪いんじゃない

そう 僕に教えてくれた



君と出会ったことを

君と別れたを

全てを 今 受け止めよう


あの頃 歩いた道が 

今も 変わらぬ景色で

僕らを迎える


ありがとう 君にたくさんありがとう

この言葉 今やっと 言える

僕のために

泣いてくれて ありがとう


君が今 笑っている

君と歩いた 浜辺 公園 待ち合わせの駅

僕を 愛してくれた君

君の幸せを 心から・・・祝うよ
  


Posted by 刹那 at 17:52Comments(0)