Posted by at

2007年02月22日

紅空



「もう昔ほどに 君を愛せない 一度冷めてしまったから」

耳に残る言葉  今も 私を苦しめる

その言葉だけ  体中を這いずり回る

貴方を忘れたくないという 思いまで

忘れてしまえば・・・



愛しさが イラダチ 

愛情が 憎しみに変わった

切なさは 猟銃に・・・

標準を貴方に 定める

いつになれば 心 手に入る?

教えて・・・


嘘なら 最後まで 突き通して

何も知らなければ 苦しむ必要もない

架空の空に 手を伸ばす

「もう昔ほどに 君を愛せない」

告げる言葉 繰り返す・・・



戸惑いが 絶望に

幸せは 音を立て砕けた

涙と銃声は 空を 紅(あか)く染めた・・・



一瞬の 静けさの後

目の前 一色の惨劇に

膝をついた・・・


いつになれば 貴方にこの手

届くの?

教えて・・・

いつになれば 幸せ手にできる?

教えて・・・


二度目の銃声で

その幕を おろした

  


Posted by 刹那 at 18:00Comments(0)

2007年02月22日

sayonara



さよならは 言わない

心は傍に あるから

見送りはしない

君の背中 これ以上見たくないから



また 会える日が来るのかは 分からない

君を乗せた 汽車が出た

線路を一人 歩いてみた


今も 確かに言える事は・・・

君を忘れない



君が僕を 忘れても

君だけを 忘れない

他の誰かを 愛そうとも

君だけは 忘れない


二人にまさるモノは 何一つない


同じ空の下 どこかで 笑っているなら・・・

僕を 忘れたっていい

傷付いた過去が 消えたなら・・・

涙を拭いたのが 僕じゃなくても

君が 笑うなら・・・



さよならは 言わない

どれほどの時が 流れようとも

君を 忘れない


さよならは 言わない

同じ空の下 

どこかで 君が 笑うなら

僕は・・・


君だけを 忘れない
  


Posted by 刹那 at 02:56Comments(0)

2007年02月11日

君の電話は取らない



まだ 手を伸ばせば 届く

君に・・・

僕は 戸惑いを隠せないでいる


鳴り続ける ベルも

早くやめばいいと 思った

これ以上 突き放す言葉を 言えない

臆病な僕を 許してほしい


君が涙を 流すうちは

僕らの日々は終わってないんだと・・・

受け入れられないのは 僕の方さ



昨日は 君の嫌な所ばかり 浮かんでは

これで良かったんだと胸をなでていた


それなのに・・・


今日は 君の好きだった所ばかり溢れ

急ぎ過ぎた 僕の決断を

今さら 責めている



君が悲しむうちは・・・

君の電話は取れない


君は・・・



君が居なくなってからの 僕を 知らないだろう

羽をのばしていると 思ってるだろうが

実際は 情けないものさ



君の声を 聞けば

一瞬で 強がりが 崩れてしまいそうだから


君の電話は 取らない

君が 悲しむうちは・・・
  


Posted by 刹那 at 00:06Comments(2)

2007年02月08日

どーも・・・



今度、友達とバンドを組む?事になった。

バンドと言っても簡単なモノで、友達がギターをひいてくれて、俺が歌う。

オリジナルではないけど、簡単なやつを駅かどっかでやろうと思ってる。

歌はとても好きだ。それで食っていけたらいいと思う。

カラオケでは、異性の曲をよく自分のキーに変えて歌ったりする。

それが、なんだか知ってる曲なのに違う曲のように聞こえたりするから楽しいんだ。

マネにならないから好きだ。

グレイ、ラルク、ソフィア、ガクト、ジャンヌなどヴィジュアル系からレミオロメン、HY、

中島美嘉、安室奈美恵、BoA、セリーヌディオン、知ってる歌は片っぱしから歌ってみる。

歌ってる時が一番幸せだ。  


Posted by 刹那 at 03:05Comments(4)