Posted by at

2007年01月30日

白馬




空は青く 白い雲が 風にのり

流れていた



君は 僕の気持ちなんて 見ない

自由に 羽ばたいていった

 
 
 あぁ 想像した以上の 感情が

僕の中で うごめいている


どうにかなりそうだ どうにもできずに

ただ 小さくなってく 君の影を 

追っていた



淋しいわけじゃないよ

感情なんて もう 

とっくに 僕の中から 消滅してんだ

生きるしかないよ 生きるしかないよ・・・



もう 一人で立ってらんないよ


心の矛盾


残された 君の笑顔が・・・

僕の中で 小さな灯を 灯してたんだ


もう 頼ってらんないんだ・・・


強く もっと強く 僕は・・・

生きて行くんだ


君がくれた 悲しみを 

超えて
  


Posted by 刹那 at 17:13Comments(4)

2007年01月25日

群青



伝わらない・・・


この世に溢れてる 言葉なんかじゃ

伝わらない・・・


この心 どうすれば・・・


貴方を想うほど 夜が 深くなってゆく

太陽の下が 浅くなるの


真昼の仮面 夜の素顔

バラバラになりそうな この心が


たった一人の その手を 求めてる


本当の 私は

貴方の 前だけ

誰にも見せない

私の 素顔 涙


貴方にだけ 全部 見せるよ

私の全て・・・
  


Posted by 刹那 at 17:48Comments(4)

2007年01月24日



壊れそうな心

打ち抜かれた心を

誰が救えるというの



何度も悪夢の記憶が襲う



誰も教えてくれない   

忘れる事さえ許さない


過去に追いかけられ

もう・・逃げ場もない


眠る事も許さない

夢の中まで黒一色に



貴方の軽はずみで

ここまで変わった

平和だった私の世界を

信じてた心を



どうつぐなえる?



心を取り替えて

味わってみて


反対側を・・・
  


Posted by 刹那 at 22:26Comments(0)

2007年01月24日

アサガオ



貴方と 過ごした2年

思い出が 多すぎて

そこら中 散らばった 思い出達が

私を 引き止める


あれから私は 絶望と 失ったモノの大きさを知った

失うモノなら 初めから無ければ 良かったのかもしれない


限りない 愛しさは 行き場もない

いつの日か 他の男(ヒト)を 愛するの?

滲みついた貴方の跡が消えない…


体は満たしても 心は

虚しさ つのらせる

ケンカも すぐ笑顔に変わった

そんな日が 続いて行くのだと思った…

そう 幸せに気付けば 消え始めていた


限りない 切なさは やり場もない

いつの日か 他の男(ヒト)を愛せるの?

残された貴方の傷が 痛い…


毎日泣いても涙は枯れないんだね


一人ぼっちの 私は 居場所もない

時が経てば 経験の一つだと

割り切れるの?

それは どんなに 哀しくても

いつの日か 痛みを感じなくなってゆくの…


いつかは 失うモノだったとしても

きっと・・・  

出会った事まで悔やんだりしない
  


Posted by 刹那 at 21:28Comments(0)

2007年01月24日

宛てない手紙



君が 僕の前から 消えた

一つ 季節が 過ぎた

涼しい風が 君を 愛しくさせる

あてもないけど また会える気がして

今日も 明日も…


本当は 全てを君に 預けたかった

他には 何もいらない 君と居れれば

分かってたのに 勇気がなくて

今になって 強くなっても 仕方ないね


僕達の絆 守りたかった

君だけは 失っちゃいけなかった

手紙も 届かない場所


僕にできる事は・・・


期限のない 切符を手に

ホームで 汽車を待つ


君だけが知る 

この 恋の行方・・・
  


Posted by 刹那 at 14:15Comments(0)

2007年01月24日

ジギタリス



日々は  繰り返しの 歯車だと

刺激 求めてた

ありふれた日々は  時の流れ 忘れていたのに

今は一人  置き去られたよう


春風の中 思い出すよ

いつも近くで見ていた 君の横顔

大切なものは 何より 傍にあったのに

近すぎて 気付けずに・・・


当たり前に 感じてた

本当は 君が傍にいる ただそれだけで・・・

君が居たから 全ての感情があった

失った後で 遅すぎるね


真夏の日差し 思い出すよ

いつも 近くで見れた 君の笑顔

癒してくれる人 探してたんだね

秋の夕暮れ 思い出すよ

いつも 傍に居てくれた 君の事

”じゃあね” が言えない時 いつまでも 傍に居てくれた


今では 溢れる優しさが 切なくて・・・

ぬくもりが 切なくて・・・


冬の星座 思い出すよ

抱きしめ合って 見上げた 星達への祈り

この幸せの 永遠を 願った

君と 確かに この手を

つないだ・・・


そして・・・ 君の居ない 季節は巡る
  


Posted by 刹那 at 02:13Comments(0)